Ska

東京スカ娘

Img070

以前オークションで3万入札で軽く負けたレコードが驚く事に再発されました!

ミリーで有名なマイ・ボーイ・ロリポップと同じリズムです。

ジャケットも当時のままを再現してると思います。

Img071

1964年の当時は300円だったらしいが今だといくらぐらいになるんだろうね?

Img072

で、FLIP SIDE が同リズムの「スカで踊ろう」思わず2枚買ってしまいました。

1964年、MILLIE SMALL

オリジナルは、1956年のこれ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

KEITH STEWART

まずは、4周年祝い沢山のプレゼント&ケーキ、お土産、酒各種有難う。

レコード・プレイしてくれたBIG MAMA*whoopii、MICKEY 45 to 6、マリブ姉さん、祝いに来てくれた皆様&手伝いしてくれた皆様有難う御座いました。

お陰様で楽しい4周年を祝えました。 先日のダンスでポリスが来たのでラウンジ・スタイルで静かにやるつもりでしたがいつものダンス・ホール・スタイルになりましたね (笑)

朝方、スペシャル・ゲストの石川貴教さんが長い時間大人プレイでかなり楽しませて頂き勉強にもなりました。

私が目指すカリブーでのチーク・ダンスも出まして スカ、ロック・ステディ、ソウル、カリプソ、R&B かなりやられて自分がまだまだと思い知らされました。

何枚かはレコード教えて貰いましたが教えて貰えない物も・・・。 出来ないけどあのレコード・ボックス・チェックしたい またゲストに呼ぶのも間違いないです。

写真はシャンパンで4周年乾杯のシーン。

17984363_856197855_184large

Worried

KEITH STEWART さんが亡くなられたようですのでブログにアップしました。

上記の記事では、GAY FEET レーベルのSonia Pottingerさんも亡くなられたようです。

この FLIP SIDE も御機嫌ナンバー♪

Everything

先週土曜日のREGGAE ADDICTにシュガー、グレゴリーも含め用意してましたが店の営業が終われず行けませんでした。楽しみにしていた方々すみませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

WHEN YOU CALL MY NAME

1963年、 DUTCHESS、 STRANGER COLE & PATSY

Whencall

Strangejah Cole hit an uptempo ska mode with When You Call My Name, the audience demanding a rare encore for the night.

Dsc00600

この衣装はバッチリきまってます!この日はPATSY抜きだったので少し寂しかったです。

「ドゥラム・ビートと歩きで行くダウン・タウン・レコード掘りツアー」で彼の家にも寄った事ありました。

かなりのゲットーに住んでます。

これは DRUM BEAT と言う人が分かれば笑える話題です。

後ほど書きますが DRUM BEAT は ERNEST WILSON の兄弟です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

EVENING NEWS ( STUDIO 1 )

196?年、 STUDIO 1、 LORD CREATOR

Evening1

Dsc00598

今更後悔ですが良いデジカメで撮っておけば・・・。

レコード・オークション用のデジカメで最低ランクのカメラ画像です(泣)

この色のスーツを着こなせる人はそうそういないんじゃないですか?

STUDIO1にしてはって言ったら失礼かもしれませんがオシャレな感じの音です。

His CD was the last one Coxsone had his hand on and said 'release this one'," Bob Clarke said in bringing on Bunny Brown, who raised his falsetto with Change Gonna Come. Lord Creator brought the Evening News ­ and a few jokes about Joes and jackets

数年前に何かあって歌えなくなったと耳にしましたが復活してないのかな?

当時はモベイに住んでると言ってましたが今も住んでいるのでしょうか?

BUNNY BROWN で Change Gonna Come は過去の日記に書いてあるのでチェックして下さい。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

EVENING NEWS ( BUSTER )

1965年、 PRINCE BUSTER、 LORD CREATOR

Eveningbuster

BUSTER音源で、これは70年代プレスです。

Dsc00558

ファミリーと言ってましたが一番左はクリエーターに似てないですか?

何でJOY(右から2番目)が写ってんだよ!って言ってもこの写真が撮れたのはJOYのお陰だから何にも言えません。

キス求めてる感じが少々頭に来ますがかなり飛んでて面白い人なんですよ!

この人と出会ったので100倍楽しいジャマイカ生活がおくれました(事実)

オレンジの女性JOYさんが私のJOYTONE DISCOの名前の由来なんです。

そして残念ながら私とクリエーターの2ショットは無し(泣)

まぁJOYにデジカメ撮らせてもガッカリな結果になったでしょうけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TRUE CONFESSION

1966年、 TREASURE ISLE、 THE SILVERTONES

Truecom

DUKE REID AND THE SILVERTONES と書いてありますがメイン・ボーカルが DUKE REIDって事はないよね?

The Silvertones' True Confession set the harmonious tone

Silvertones

このレコードは、FLIP SIDE も人気ですね!

彼らの代表作ですね! 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

LET THE GOOD TIMES ROLL

1961年、 DERRICK & PATSY

Bluebeat

このコンビは出てませんでしたがカバーなので載せました。

カバーかと思っていましたが歌詞が違うので替え歌ですかね。

この PATSY のロリ声は可愛いね!

後ほどこの人達も書きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

LONG DAY SHORT NITE

1966年、 PRINCE BUSTER、 DAWN PENN

Longday

昨日の ARE YOU THERE の FLIP SIDE です。

何とビックリこちらサイドも B. BACHARACH & H.DAVID の黄金コンビとなっております。

7インチは未確認ですが2曲音源見つけました。

本日もまたまた登場のDionne Warwick!!!!!(これがオリジナルかな?)

Shirelles

またまたビックリ!オリジナルはスカ・リズム!!!

どういうことだ?

バカラックがジャマイカ産まれのスカを意図的に取り込んだのか?それともたまたまこういうリズムになったのか?

でDAWN PENNがSKAでカバーと言う事だよね?

1966年と時代はスカ期だけど、DAWN PENNはスローなリズムでカバーしているので ROCK STEADY っぽいね!

面白いねこれ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ARE YOU THERE ( ADAPTED )

1966年、 DAWN PENN、 PRINCE BUSTER

Penthere

この時代には珍しくクレジットに B. BACHARACH と書いてあるので元ネタ探してる人には嬉しいですね。

もう一人、 H.DAVID と書いてありますがBACHARACHと作曲コンビだったらしいです。

貴方を好きなのに貴方は私より別の女性と・・・と悲しい内容です。

I hear the music coming out of your radio
Are you there with another girl instead of me
I hear your laughter and there’s something I’ve got to know
Are you there with another girl instead of me

Well, I’m standing on your doorstep

( Oh, baby don't you know that ) ここだけオリジナル・リリックと違いますね。

and I don’t know what to do
Should I ring your doorbell or just walk away
My friends all say that you were never true
Hiding in the shadows

I see two silhouettes in back of your window shade
Are you there with another girl when I am gone
I can’t believe you’d break the promises that you made
If you’re there with another girl, I can’t go on

Oh, I only know I love you and I couldn’t say goodbye
So if there’s another I don’t want to know
If you should go, oh, I would surely die
Love requires faith, I’ve got a lot of faith but

I hear the music comin’ out of your radio

Oh, I only know I love you and I couldn’t say goodbye
So if there’s another I don’t want to know
If you should go, oh, I would surely die
You would never leave me, hurt me or deceive me
I’m a fool to doubt you, worry so about you
Love requires faith, I’ve got a lot in me but

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DREAM DREAM

SKA AUTHENTIC Vol. 2、THE GAYLADS、 STUDIO ONE

Dreamdream

当初は7インチ・ブログなんて書いてましたがいつの間にかサブ・タイトルも変えてあります。

気が変わって数少ないLPからも登場させます。

昨日のコメントで頭に出てきたのが下記のことわざ!

Actions speak louder than words.

「行動が言葉よりもより語る。」

1993年頃に bounty killer がリリースしていた曲のタイトルですが、それ以来このことわざが好きでいつも自分に言い聞かしてます。

口先ばかりで動かない奴がいたら使って下さい。

で良く考えたらこの歌には関係ないです。

この歌に関しては、Actions speak louder than dream.

「行動が夢よりもより語る。」

まぁ私も偉そうに人の事言える立場の人間でもないですけどね。

ジャマイカンは暇さえあればナンパしてますが、以外に真面目な人やシャイな人も多いのも事実です。

陽気なカリビアンのイメージはうるさいジャマイカンが目立つからですね!

無駄に声デカイよねジャマイカンは!

常に腹から出してるって感じで生まれながらにアーチスト向きです。

育つ環境がうるさいからそうなってると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧