Jamaican Culture

STARTIME 2013

しばらく中断してたジャマイカでのビンテージ・イベントが復活しましたね!

STARTIME のサイト

Newstaestartimejuly13web

7月13日、これだけのメンバーで前売り1500円で見れるんだからジャマイカにいたら行くべきだろうね。

ハイネケンがスポンサーじゃなくなったけど中断してた理由はそこにあるのかな?

私が住んでた頃は「STAR 'S' US」ってビンテージ・イベントもありまして、この2つのイベントは毎回行ってましたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JAMAICA JAZZ & BLUES FESTIVAL 2013

毎年凄いメンバーで行きたいステージ・ショーの1つです。

今年は、1月24日~26日に行われなました。

JAZZ & BLUES と言うわりには毎年???の出演者です。

1日目ハイライト ( ジャマイカの新聞会社グリーナーより )

出だしは、FAB 5 BAND ですね!

2日目ハイライト

残念ながら3日目ハイライトが見つからない(泣)

MICHAEL BOLTON が、パーフェクト!と観客も大合唱です。

一番見たかった人はこのアーチスト!

14797_589275004420041_809431267_n

そう、DIONNE WARWICK です。(でも動画は見つからない)

オーディエンスも皆さんお洒落でこんな感じです。

Untitled

今までにも凄いアーチストが出てるので Youtubeで、JAMAICA JAZZ & BLUES 検索して見て下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Celebrating Jamaica 50

過ぎてしまいましたが8月6日でジャマイカ独立50周年でしたね。

レコードもありますが時間が無いのでYoutubeのみの紹介で!

あとは、これも良く流れていましたね。

あと今年で90周年のグレース!

http://www.gracefoods.com/

カリブーでも調味料やホット・ペッパー・ソース使っています。

YELLOWMAN だったかな?グレースのケチャップをリリックに入れて歌ってましたね。

このコンビーフ懐かしいですね!今度作ってみようかな?

日本のスーパーとは違いジャマイカのスーパーでは山積みになってます。

なぜかブリビーフとジャマイカンは言ってました。

マカロニ&ブリビーフが家庭では作られますがレストラン等で見た事はないです。

夏なのでお客さんも飲みに来て頂いてレコードの出品があまり出来てないですが暇見つけては売りに出します。(予定)

私のMIX-CDのデザインは独立記念で制作されたレコードのレーベル・コピーです。

ジャマイカ国家やカリプソが収録されている2枚組でベルベット調の高級そうなジャケットになってますが私のはボロボロです(泣)

綺麗なジャケット見つけた方は私に売って下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TRIBUTE TO COXSONE DODD OTHER 3

やっと今日でトリビュート・コクソン特集は最終回です。

Coxsone

スタジオ1通りの名前変更記念ダンス(スタジオ1の敷地内)撮影 KING KUSH

これは裏話ですが実は3回ぐらいやっていて、やっと3度目の正直で名前が変わりました(笑)

しかも1回目はこの前の年の12月頃だから半年前です。

その昼間やった式典は見てないですが、通りの電柱に全部花飾りがしてあったの思い出します。

その一つが落ちていて記念に持ち帰ろうかなと思いましたがネイバーフット・ワッチなので止めときました。

この日のスティッチ・プレイ・スタイルはマイフレンのコルビーのBLOGから勝手に拝借しました。

本当は分からないアーチストとかいたのでコルビーに直接メールで聞いたのですが返事が来ませんでした。(去年の11月からblog書いてないのでチェックしてないかも?)

Kingstitt1

PHOTO BY COLBY

同じ服で同じ帽子なので私の写真と同じ日です(ビックリ!)

スタジオ1のターンテーブル1台でのDJブースです(笑)

あまりのショボさに写真も撮りませんでしたがコルビーはステッチ入れて撮ってました。

でスピーカーがこれなんですが上の方はアルテックのA7そっくりですね!(A5かな?)

今はBLACK BENZが所有してますが、私とヒラサンが共同で作ったシステムもフロント・ロードとバック・ロードでこれ真似てます。

Coxsonespeaker1

Coxsonespeaker2

コルビーはコクソン特集の本も出したみたいです。(写真をクリックすると大きく見えます)

その葬式の写真ではスティッチが棺運んでますね。

ダンクレーやストレンジャー・コールもオシャレだね!

コルビーに関しては以前も日記で書いてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TRIBUTE TO COXSONE DODD OTHER 2

Dsc00587

なんだ!この変態おっさんは!写真撮れってうるさかったのですがJOYが隣でJUNIOR BYLESだから写真撮っとけと助言が入り撮った訳です。

この人の昔は凄かったんだろうけど、今の彼はステージ・ショーにクレジットされていても会場まで来て歌えない状態なんです(泣)何回かありました。

写真に収めてなかったアーチストはSugar Minott,  Frankie Paul

クレジットされてましたがジャマイカらしく来れなかったのが

Freddy McGregor, Gym-Nastic, Barry Brown, Jennifer Lara and Tony Gregory

Barry Brown はこの日にはもう亡くなっておられました(グリーナーも書く前に気付けよ!)

これだけ見て当時JA$800ぐらいだから日本円で1500円

笑うしかないです。

この夜は、美味しいアプルトンを飲ませて頂きましたが酒代はアドミッション以上のJA$1000以上はいってます。

それでも日本円にして2000円です。

長丁場なので日本だったら5000円以上飲んでます。

私のジャマイカ生活で一番の夜だった事は間違いないです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Studio One shows depth at Mas Camp

また新聞ネタから何日かかけて写真&音源付きで日記書きます。

オリジナルの記事が消えると何の事だか分からなくなるのでペーストしました。

オリジナル記事はtribute to Sir Coxsone

THE TITLE of Saturday night's show at the Mas Camp Village, Oxford Road, St. Andrew, gave a hint of its calibre, but the proof of the legendary Studio One's depth was in the music.

The tribute to Sir Coxsone Downbeat was billed as 'Studio One and Jamaica's Music 50th Anniversary', the 'Jamaica's Music' emphasising that Studio One was in the beginning. The approach, however, was not to trot out a collection of standout artistes singing Jamaican music standards, but to have a mixture of the lesser known and established artistes, capped off by a couple bona fide stars in Sugar Minott and Frankie Paul.

The result was a slew of relatively fresh vintage faces, along with a liberal dose of the relatively 'regulars', doing short performances to an appropriately large audience into the early hours of yesterday morning to the music of the Unique Vision Band.

HISTORY LESSONS

There was a short history lesson as well from Scully of Bunny & Scully, the duo which at one time went by the name Simms and Robinson. "Simms and Robinson, Bunny and Scully, is the first in Jamaica to put voice on plastic, before any Bob Marley, any Peter Tosh, before nuff a oonu modda an' faada born," Scully said, going on to invoke the names of some great sound systems, such as Lord Coombs, Tom the Great Sebastian and Nick.

"Nuff man not even know when the first sound system was, in a ol' house dung de bottom a Orange Street," he said, he said, as Bunny got into the first lines of Let The Good Times Roll. Scully wasn't quite finished with the lessons yet, as he spoke about 1953, when there was one studio in Jamaica, at the corner of Hanover and Laws Streets.

The Lone Ranger gave a demonstration in the art of announcing dances that was a history lesson all in itself, his first melodic 'bidlibong' from off-stage sending a ripple of excitement through the audience. Acknowledging Jah Youth (Big Youth) and U-Roy as the teachers, he reeled off an ad for an upcoming dance that was a selection all in itself, his tongue rolling over the words rhythmically. Before doing his second tune, Love Bump, he dropped an ad for another "session that leaves an impression", which was also appreciated, and the Lone Ranger left the stage with a last "fllllassh it!"

Cornell Campbell, the original 'Gorgon', was a treat, his smooth voice effortlessly getting a rise out of the audience as he reminded them "it is so easy to remember/but so hard to forget". The only melodramatics in his performance being the mellowness of his voice, Campbell also had them Bouncing.

THE OTHERS

Among the other vintage show 'irregulars' on Saturday night's tribute to Sir Coxsone Downbeat was Scorcher, who made a grand appearance in red jacket, white shirt and pants to announce 'coming on strong, strong strong', to a lusty roar from the audience. Ranking Trevor dubbed it to humanity, Ray I pronounced "one be one, two be two" and there was a loud silence to Desmond Irie's appearance on stage ­ until he started Hello Carol.

The Bassies emphasised that Things Come To Bump in Jamaica ­ from, as MC Bob Clarke informed the audience, 1969 ­ and Otis Gayle gave the first performance of his first single for Studio One, I'll Be There, 29 years after it was released, while Prince Jazzbo did it Crabwalking style.

King Stitt displayed the art of selecting and toasting before the show, dropping lines like "love is the torment of one/the happiness of two/the tribulation of three" as he selected Love Is A Feeling by Earl 16. The Unique Vision's Diana Rutherford chipped in for Phyllis Dillon with Perfidia, before Roy Richards opened the show proper with a lively version of The Last Post on his harmonica. He was to be joined by Enid.

The Jays gave a rare diversion into Channel One with Truly, King Stitt coming back to intone "no matter what the people say/these sounds lead the way/coming from the boss deejay/I Kings Stitt". Edi Fitzroy brought the show into a later era with Prison Life and Princess Black, Derrick Harriott giving one of the nights longer performances, the former Jiving Junior singing of Solomon being the wisest man and delighting with Stop That Train and Long Story.

"His CD was the last one Coxsone had his hand on and said 'release this one'," Bob Clarke said in bringing on Bunny Brown, who raised his falsetto with Change Gonna Come. Lord Creator brought the Evening News ­ and a few jokes about Joes and jackets and Strangejah Cole hit an uptempo ska mode with When You Call My Name, the audience demanding a rare encore for the night. The Silvertones' True Confession set the harmonious tone fro Sugar Minott, Errol Dunkley and Frankie Paul to close the night, the last doing so in true revival style.

Testimony to the depth of a long show was that there was not a mass exodus before it was over ­ and testimony to the depth of the Studio One catalogue was that it could have been longer, what with Freddy McGregor, Gym-Nastic, Barry Brown, Jennifer Lara and Tony Gregory not making it as advertised

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BLACK AND WHITE AFFAIR

毎年年末に行われるダンスで去年で10周年です。

昔はラ・ルースでしたが今はナショナル・アリーナ!

タイトル通りBLACK AND WHITEがドレスコードで大人のダンスです。

内容はソウル中心でRAE TOWNの年末豪華バージョンとでも書けば分かるでしょうか?(客層は違います)

ここのサイトで写真が見れますが年齢層は高めで金持ちって感じですね。

それにしてもヘネシーのボトルがゴロゴロって凄いね!(協賛?)

ドラック・ディーラー沢山いそうです(笑)

またまたジャマイカ紙に頼る訳ですが・・・。

OBSERVER の記事、   X-NEWS の記事

Selectors from Stone Love's Father Pow to Afrique's Super Claude and Jagga B, not to mention special guest selectors Alanza Hawk and Kool FM's Krazy Kriss (2007もクリスの名前が聞こえます)

2007、2008の音源を入手して聴いていますが良い曲沢山入ってます。

前にも書きましたがこのKOOL97は毎日聞いていた訳で私にはお馴染みの定番がほとんどですが何だこれ!って曲も多々ありました。これでまたレコード代がかかるわけですが好きだから仕方ない。(曲のタイトルが分からない物もあり大変です)

路肩のクーラー・ボックスがジャマイカ生活思い出して笑いました!

BMWやベンツも登場してましたね。

その隣の高そうな白い車は?ロールス・ロイス?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Disco and soul in Rae Town

面白い記事を見つけたのでレコードの音源も付けながら何日かかけて紹介したいと思います。

あの雰囲気は行かないと分からないですが、この音源で少しでもRae Townを感じて貰えればと思います。

オリジナルの記事

記事のリンク先が無くなると何の事か分からなくなるので長いですがコピーしときます。

Mel Cooke, Gleaner Writer

'Twas another Sunday night, a quarter moon was overhead and the road to the main clump of Rae Town oldies fans was lined on both sides with cars, parallel parked on the left and facing outwards on the right.

'Twas close to 2:00 a.m. and Rod Stewart was demanding "if you think I'm sexy, just reach out and touch me." The Gleaner passed one woman in white, rocking in front of a steaming soup pot, her partner reaching into his wallet to touch hard cash. Maybe he was proving, as was pounding from the speakers, that "I'll do anything for you."

Dropping legs

'Twas twirling in the streets, one man in shiny imitation lizard-skin boots dropping legs, a young man sporting canerows grooving close with his older partner, whose hard facial lines were not softened by the merry Rock The Boat.

Through the bulk of the oldies fans, gathered where the beat was loudest, and through the other side, a young man dangled his lady's purse unselfconsciously. And as the music changed to soul, a Rastaman unselfconsciously put a finger in the air, walked out from his chill spot against a wall and shouted 'woah!' as David Ruffin crooned "it's not that I don't love you" at the start of Walk Away From Love.

Another Rastafarian man pulled the driver's door of a white station wagon and flicked his lighter on, dabbing the flame first on the end of his spliff and then on a stick of incense which he stuck into the dashboard. Another lit stick went into the blonde hair of a young man leaned against the car; it did not help his case, though, when he called to a skinny girl walking by and was dismissed.

It was a good run of soul which the singles and couples enjoyed alike. It was a stepping tempo at first, with Lou Rawls' You're Gonna Miss My Loving, a gentleman whose pants would have gone well with the lizard-skin boots changing a couple partners.

Cruisin was the first really slow song, a man's grey hair meeting the blonde-and-black tresses of his partner in a hip-grinding crossing of the generation gap. One of a Japanese trio seemed fascinated by a dog, which was momentarily interested in the video camera focused on it, before the selector went into the night's over-the-top soulful pair of Teddy P's Turn Off The Lights and Love TKO.

The man with the bag still had it dangling from his hand, but now said hand was placed possessively on the plump posterior of his partner. A car's headlights picked out a hot-stepping couple as it moved through the crowd; they did not miss a beat as they swayed gracefully out of its way.

Reason to whoop

There was another double, this time from Lionel Richie with Easy Like Sunday Morning and Hello. Reasons was reason to whoop; the opening lines of Kenny Rogers' Write Your Name (Across My Heart) was reason to cheer.

"After a storm there must be a calm," the selector said, but the uptempo version of Psalm 23, which he went for, brought a spiritual fire. The Gleaner left the party people giving witness and called it a morning at another Rae Town Sunday night oldies party.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

RAE TOWN PART.2

RAE TOWN の場所と言うかストリートです。

King

Raetown_2

DOWN TOWN の下の方で隣には刑務所があります。

海に近いので、街中よりは比較的涼しいです。

もちろん刑務所まで音は届きますと言うか聴かせている感もありです(笑)

囚人も毎週日曜日の夜は楽しみにしている筈です。

だから暗黙の了解で治安が良いとか・・・。

Aya

右の人はホームステイ先の住人マイキー

左の女性がアヤさん!RAE TOWN の名物です。

実はこの2人幼馴染みで久しぶりに会って喜んでました。

アヤさんは大人ですが身長1メートルぐらいです。

皆ショーティーと呼んでます。(短いのショートの変形)

太ってる人はファッティー、ワイフはワイフィー、

愛人はメイティー(メイトの変形)

ナンパする時は、は~い!スウィーティー!!!!

マイキー情報によると、そのアヤさんの子供達は皆普通に大きいらしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

RAE TOWN PART.1

私の好きな RAE TOWN 特集でもしてみようかと思います。

Raetown

70年代にタイムトリップした様な異次元空間です。

レゲエも流れますが盛り上がりはソウル、ディスコ中心となります。

ストリート1本利用してのダンスで時々車も通りますので気を付けて!

センター・ラインはないですが真ん中を中心に向かい合いながらダンス!

団体お見合いみたいな REA TOWN スタイルなんです。

Sonia

右のゴージャスな女性はソニアさんと言いまして私のチーク・ダンス・パートナーです。

ちょっとファッティーなので、もちろん手は回らないです(笑)

いつも行く時はソニアさんに電話してから行ってました。

で現地集合です。

真ん中は RAE TOWN 好きの私の友達Kさんで何回もジャマイカに長期滞在してます。

赤い女性は、この日Kさんが射止めた女性です。

一番左はソニアさんの友達で撮影が私です。

私達の過ごし方は12時頃行きまして、いつも行く店でテーブルとイスを出して貰いレゲエを聴きながらつまみを食べながらダラダラと座って飲んでます。

2時過ぎ頃から人も多くなり盛り上がってくるのが歌声で判断出来ます。

酒も入って良い感じになった処で踊りに出ます。

その頃にソニアさんも登場してます。

皆さん大合唱なので分からない歌があると悔しい思いします。

ここで流れるようなチューンはジャマイカのFM COOL97 でチェック出来ます。

私が滞在中はTV無しで365日このCOOL97聴いてました。

年齢層も幅広く音楽好きな人達だけが集まる空間なんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧