« 8月16日(土)、BONDS | トップページ | DJ体験教室・スクール開催! »

Technics SL1200

本日より、Technics SL1200 MK6 稼動しております。

Mk6

セレクターの皆様丁寧に使って下さい。

Technics というメーカーは私が中学生の終り頃、高校合格祝いにミニコンポを買って貰った時からの付き合いで思い入れのあるメーカーです。

このSL1200モデルの1号機は、1972年!40年の歴史あり!

残念ながら、2010年 SL1200 MK6 を最終モデルにして事業撤退してしまいました。

生産終了の時点で新品を購入しておけば良かったのですが、MK3が20年以上使っても壊れなかったので必要が無かったのです。

買うきっかけになったのは店のシステム変えてからベース上げるとハウってしまう現象が出てまして、その解決策の1つでもあります。

まだ少ししか音出してないですがMK3よりは、だいぶベースが出せるようになっております。

これに伴い、開発インタビューとかネットで見たら欲しくなり買ってしまいました。

値段もプレミア価格が付いていて安くはなかったですが20年使うと思えば安いもんです。

下記を読めば分かりますが音も向上しております。

SL1200 MK6 開発者インタビュー

あと

SL1200 の歴史

実は、SL1200 MK5G のなぞのネジも気になっておりました。

E

この左側のネジを締めると針飛びしなくなるみたいです。

標準のアンチスケーティング(アームを外側に引っ張る力調節)右の黒くて丸いメモリ付きのダイヤル。

その左のネジは、アームを内側に引っ張る力を調整出来るみたいです。

5g

スクラッチやコマゲンの逆回転使う人には良さそうですね。

このMK5GのアームをMK6に移植すれば最強モデルですね。

移植カスタムも出来るそうなのでサービス品の在庫なくなる前にアームだけでも買おうかな?

先週パイオニアのターンテーブルが発表になって予約も始まったみたいですね。

Main_plx1000

PLX-1000 の発売時期は9月上旬。価格は予想実売価格は7万4000円前後。

発売してからのMK6との比較とか楽しみですね!

|

« 8月16日(土)、BONDS | トップページ | DJ体験教室・スクール開催! »

CARIBOO 店舗情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Technics SL1200:

« 8月16日(土)、BONDS | トップページ | DJ体験教室・スクール開催! »